父の日の付き合いはブナの森へ
20日。月に一度の日曜日休みを利用して普段なかなか行けない息子たちと3人でブナの森へ入り込んできました。
ずっと前からやってみたいことの一つでもあった息子たちとの渓流釣行です。 休日が合うときがなかなかなく、
3人で出かけるのももう成人した息子たちもそれぞれ予定があることですからチャンスがありませんでした。
今回は日程、準備と計画的に進めてきてあとは天候、そして川の状況次第というところまでこぎつけました。
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17114498.jpg
梅雨の晴れ間は条件が整えば楽しい釣りができます。 前日までの雨はそこそこの雨量だったようで現地が
どうなっているのかは行ってみなけりゃわかりません。 天気予報と現地の雨量情報を見てなんとかなるかも?
ということで釣り場到着です。 ある程度の予想はしていましたが先々週と同じような水位と判断して同じような
ルートでの遡行計画にしました。 本来、退渓点とする堰堤より入って遠巻きに川を下ります。そしてある意味
メインの堰堤を巻いて少し下流付近からスタートです。 空は曇り。天気予報は晴れマークでしたがなかなか
お日様が顔を出しません。 車から降りたときは肌寒いくらいでしたがスタート地点では着てきた上着が要らないくらい。
水温は低そうですから今日はフライには厳しそうです。 今回は次男はルアーで山岳渓流初挑戦ということで
まずは次男からがんばってもらいましょう。 速い流れを意識すると難しいルアー操作ですからやはり堰堤下が
メインポイントになることでしょう。 準備をしていたところ先に整った長男がフライで堰堤下へフライを
流しています。 しかし、魚影は確認できたもののフッキングまでは至らず。 そこへ次男登場。
1キャストしたらなんと釣れたようです。 あっけなくファーストフィッシュは次男。 まずまずの26㎝のイワナです。
よかった。次男に釣らせてあげたかったのでまずは一安心。 続けて小ぶりのサイズもフッキングしたようですが、
残念ながらランディングできずオートリリースだたようです。 こうなると長男に火がつきますよね。
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17083944.jpg
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17084542.jpg
我先にとポイント移動しながら遡行始めます。 下ってきた堰堤を巻いて戻り瀬が続く流れに向かいます。
流心では釣りにならないので岸際の緩い流れや巻きのポイントを攻めます。 対岸の難しいところは長男は
てが出ないようなのでそこは父ちゃんのポイントってところでしょうか。 そうこうしているうちに次男
が2匹目を追加。今日はルアーの日かなぁ~? 開けた区間の本日の1級ポイントであろう場所で釣り始める長男。
その様子を遠巻きに次男と見ていましたがやりました。長男にも1匹目がヒットです。ドヤ顔で(?)振り向きます。
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17084045.jpg
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17081833.jpg
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17083982.jpg
さて、これでガイド役も釣りを真剣にできるってもんです。一番先頭に出てフライを水面に落とします。
パシャリ。 あれ?完全にフッキングできるタイミングで合わせたと思ったのですがやはりのりません。
食いが浅いのでしょうね。 2度も出ましたが残念ながら・・・ 焦ります。 3度目の正直は・・・
やっとフッキングできて全員ボウズはなくなりました。よかった。 ここのイワナのですね、色白です。

一旦林道に上がり先々週のリベンジ? 尺イワナポイントへ向かいます。 長男にポイントを譲りましたが
浮上してきたイワナをフッキングできなかったようです。 ここで休憩&ランチということで先に
腰を下ろしていた息子たちの元へ・・・と、ズルっと足が滑り右腕は水中へ…ウェーダー内にも浸水…
いやぁ冷たい仕打ちです。(笑) 少し時間をおいて先ほどの尺イワナポイントを次男が挑戦。ルアーを投げ
させてみましたが影が見えたところでUターンのようです。 難しいですね。 そのうちルアーが木に引っかかった
と言うので取りに回ったら足元の木につまずき今度は左腕が水中へ・・・これは寒いです。 車へ戻って着替えましょう。
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17083998.jpg
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17081830.jpg
父の日の付き合いはブナの森へ_c0120834_17083924.jpg
まだ時間があるのでまだ入って事の無いその上流へ。 運よく釣り人は入っていないようです。  しかしフラットな
流れに水量が多く速い。 ポイントも少なく厳しい釣りは相変わらず。 唯一先行していた長男に小ぶりのイワナ
がヒットしましたが終了地点の堰堤まであとはノーフィッシュ。 あと1日か2日後だったら最高の釣りができたかも
しれませんが、これも自然との遊びなんですよね。 退渓地点にはまだ残雪がありました。真夏まで残っているのかも?

ちょうどタイミングよく?休日が合った今回。ちょうどよく?父の日だったようです。 付き合ってくれた息子たちに感謝!



磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2021-06-20 23:15 | 趣味 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://tiare1778.exblog.jp/tb/32192612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blueberry at 2021-06-22 08:15 x
お疲れさまでした。
水量が多くて思うような釣りができなかったようですが、親子3人での良い思い出になりましたね。
うちもそろそろ渓流デビューかと少しづつ道具を揃えようと思っていますが、道具を3人分用意するだけでも大変だったでしょうね。
しかし...今年はゲート開けっ放しなんですね。今度行くときは自前で南京錠を作ってガッチリロックしてきてください^^
Commented by h_p_tiare at 2021-06-22 08:49
>blueberryさん。 人間が自然の中で遊ばせてもらっているので、人間のおもうようにはなかなかいきませんね。
3人分の道具はボチボチそろえていきましたが、ネックはウェーダーとシューズでしょうか。 体のサイズが違うと自分のお下がりではすまなくなってしまいますからね。
あそこのゲート。以前のようにロックされるようだったらもう少し釣り人が少ないのかもしれませんね。 オリジナルで持っていきましょうか。(笑)
Commented by 93kusa93 at 2021-06-22 17:12
こんにちは☀️
親子3人での釣り♪
釣果も恵まれて何よりデス。
しっかし、ゲート開放は・・・デスね💦
ま、ワタクシは元より入れませンが♪(笑)
Commented by h_p_tiare at 2021-06-22 17:29
〉93kusa93さん
初挑戦だった次男に釣果があったことにまずはホッとしてます。 そして長男にも。
自分はもちろん1匹釣れたのでそれでよしでしょう。
ゲート開放はどういうわけなんでしょうね。
今度行ったら錠はしないでもゲートだけ閉じておこうかな?
Commented by 240gff at 2021-06-23 00:18
親子三人で釣りだなんて憧れます。
ウチは娘なのでこういうことが出来ません。

水量は今回も多いですね。釣り人も多いみたいだし。。。
おまけにゲート開放。どして????以前は警官が見回りに来てたほどなのに。

Commented by h_p_tiare at 2021-06-23 12:21
> 240gffさん
自分が子供のころにそうだったように行けたらいいなぁと思っていました。
釣り好きだった自分の父は40歳という若さで他界していますので、そんな夢はずいぶん前からあったんです。
娘と2人では浜名湖くらいへ行きましたけどね。

あそこのゲートはやっぱりダイヤルロックで施錠しておいたほうがいいような気がします。
<< 夏至 ピンクアナベル >>