本山砥
修業先の師匠から譲り受けたもの。 砥石。
「本山砥」という今では貴重な砥石です。
日々の仕事の中で一番消耗するほはやはりシザーの刃先でしょうか。
刃物は切れることで道具としての役割を果たしますからメンテナンスはしなくてはならないもの。
もちろんメーカーにお願いすることもありますが、自分の道具ですからある程度は自分でわかっていなといけませんね。
とはいうものの、そう簡単に砥げることではありません。 今まで砥いできたシザーの中にはずいぶんと細く、短くなってしまったものもあります。
それも勉強した結果ですからその成果はきっといつかかえってくるのではないかと思ってます。
研面の修正もしなくてはいけないものもありますから大事に使っていこうと思います。
c0120834_18002556.jpg

[PR]
磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2018-03-13 18:14 | 理容 | Comments(0)
<< 型式はNB8C たまには参考書 >>