逆回転の結末
今朝の出来事を短編小説でお届け~^^;
逆回転の結末_c0120834_10283233.jpg
KissX
------------------------------------------------------------------------------
未明に鳴るアラームで目覚めて眠い目をこすりながら川へと車を走らせる。
着いたのはお気に入りのポイント。平日の早朝ということもあり他に人影はなく、目の前には暴れ天竜の名を持つ流れがいつものように流れている。 もうじき鮎釣りも解禁、鮎達の姿も見えているが本命のサツキマスはどこに・・・
広くて難しそうな場所なのだが浅い流れには鮎達が元気に跳ねている。今日はあえてフライロッドを持ちフライはストリーマーをセレクト、流れに沈みこませていった。
シングルハンドにシューティングヘッド、遠投できるテクニックもない自分だがどこかで運とめぐりあえると信じて投げては流しを繰り返していく。
ライズでもあればモチベーションもあがるのだが今日は一度としてない。魚っ気は鮎くらいなものでただただその群れの周りに大物がひそんでいるだろうと信じるのみなのだ。
ある程度流し終え気分転換の意味もあってフライをウェットに変更する。 魅惑的なグリーンで巻かれたそのフライは虫をイミテートしてくれるのだろうか・・・ 
数投したときにコンッ!というアタリがあった。 根がかりとは違う感触だ。 「いる。」 信じて祈って2投目・・・
ガツン!!!・・・ 「きたっ!」 アワセをいれて確実にフッキング、その直後手元にあったラインがするする・・・ドラグがジ-------------------------ッ! リールが逆回転。
ロッドは”のされ気味”。 体制を整えようとラインを持ち直しロッドを立てた。 その瞬間川面を突き破って白い魚体が大ジャンプ! 目測40UPのその魚は必死になって抵抗をする。 引っ張り合いに持ち込もうと思った時、プツン・・・・・・ 「あぁっ・・・・残念。」 
この間に流れた時間はさほどないのだが釣り人にはドラマが記憶に残るのだ。 ついでに教訓も。


------------------------------------------------------------------------------
逆回転の結末_c0120834_10291141.jpg
KissX

読んでくださりありがとございました。
ドラグは緩めすぎていたようです。 大物の経験がないのでどのくらいがベストなのかが見極めれませんでした。バックラッシュのせいでプツンしたのではないので、フッキングした直後からのやりとりと基本的なラインメンテミスが今回の結果につながったようです。
いいかんじのコンディション。お願いだから増水しないでぇ~。この通り m(_ _)m
磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2009-05-27 12:04 | 趣味 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://tiare1778.exblog.jp/tb/11625894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-05-27 22:58 x
ドモ、こんばんはデス。(^^ゞ
この小説の続刊を予約します。!(^^)!
・・・あっ、「完」て書いてアル。。。

逃げた(逃した?)魚は大きい。 って名言ですよね。
一体、何時の誰が残した言葉ナンだか・・・

今日、今期初の南信州に行ってきましたヨ。
釣果は、まァ・・・
釣った魚は小さかった。 とゆー事デ。(;^_^Aアセアセ…
Commented by fly-tomo at 2009-05-28 09:55
私の場合とほぼ同じです。(笑)
Commented by h_p_tiare at 2009-05-28 11:39
草さん:完結してしまいました。(笑)
いつかリターンズが書けるといいんですけどねぇ~^^;

南信州ですか、小さくてもきれいな魚はOKです!
Commented by h_p_tiare at 2009-05-28 11:42
fly-tomoさん:久し振りのフライロッドへのアタリでした。(ここ数回ルアーでして^^)
そこへきてうっかり?複合ミス&経験なしの場面。ドラマは何秒間でした。(爆)
<< 爽やかに 若人終結 >>