イワナの楽園を探して 2日目
庄川釣行2日目。
美味しい夕食と楽しい宴。そして気持ちのいいお風呂に広い畳の部屋。
のんびりした民宿泊は22時くらいには床につきました。
この時期の朝は早いようで外が明るくなるころには別の部屋で寝ていた2人は起きだしているようです。
うとうとしながら時間まで布団で寝ていると、どこからか急に光が顔をさしてきました。
とうとうお迎えがきてしまったのかと勘違いするほど。。。
のんびりスタートできるのはお泊り釣行ならでは。
またまた美味しい朝食をいただき、おにぎり3つ握ってもらいお世話になりました。
昨日剥がれたソールもバッチリ張り付き気にせず釣りができそうです。

さて、2日目は昨年入った楽しい思い出のある渓
今日も2組に分かれて入渓です。
昨日の雨ですこ~~し水位があがったようですがまだ全然たりないようです。
厳しい釣りになりそうな予感…
c0120834_12181944.jpg
しばらくしてblueberryさんが小さいポイントでイワナを発見。
捕食はしているようですから上手に流せれば・・・
と、言ってもフライサイズがやっぱり大きいようで、気になって見にくるんですがくわえてくれません。
やっぱり#18サイズまで小さくしないと・・・
時間をかけて狙ってみましたが結局捕れずじまい。 うまくいきません。
そうこうしているうちにblueberryさんは釣果をのばします。
強し、テンカラ。
c0120834_12183844.jpg
午後になるころからかライズもみかけるようになるのですがま~~ったり流れるプールにいるようで、
ストーキングもいつもより慎重になります。
c0120834_12201966.jpg
フライサイズを替えたり、木々に引っかけたりでなかなか釣りになっていない自分ですが何か?
だんだん焦りがでてきたことは間違いありませんが…

後半に差し掛かり、大きなプールにさしかかります。 ここは昨年ライズを仕留めた場所ですから再現したいものです。
魚影は見られライズもありますがやはり捕食している虫はかなり小さそうです。
昨日釣果があった小さなアントパターンくらいしかサイズが合いませんが仕方ありませんね。
ちょっと強めの向かい風に対抗して長い距離を飛ばします。
フィーディングレーンに乗ってゆらゆらと…
水面が盛り上がりフライは吸い込まれたかのように水中へと消えていきます。
一瞬バレたかな?と思う位のゆっくりさでしたがロッドにはテンションがしっかりと伝わってきました。
c0120834_12201463.jpg
この1匹を釣るためにこんな小さなフライを使うとは…
昨年は#12サイズだったんですけどねぇ~
c0120834_12200325.jpg
終盤になり退渓点の大堰堤が見えてきました。
大渕の中には悠々とイワナたちが泳いでいます。
身をひそめながら狙ってはみるもののなんだかアフタヌーンモードみたいなのんびりな水中…
モリアオガエルも産卵の季節のようで釣れない人間を見て心で苦笑いしてました。
c0120834_12202259.jpg
とうとう退渓点の堰堤。
最後の最後にカエルじゃぁなんですが…
堰堤下のなんとか水がある渕をのぞくとイワナがのんびり泳いでいます。しかも何匹も。
これが最後のチャンスと小さいフライを着水。
あとは気が付いてくれれば・・・
あ、気づいた! 食いつけ! ほら! それ!
「ポワン・・・」
ん? あれ? 舐めた? おいっ!・・・
のりません。
ここであきらめたら男じゃないでしょ?
奥の手、お守りニンフ(笑)
フェザトテールニンフとインジケーターをつけて投入・・・
ピクピク…!
・・・のりません。

諦めて堰堤の上を見にいきながらさっきの渕を見るとドでかいイワナが出入りします。
居るんじゃんいっぱい。 と思い直して隠れながら再投入。
ツツツッー・・・っとインジケーターが動きHIT!
手前のエグレに逃げ込もうと相手は必死ですがこっちも負けられまへん!
半強引に引き寄せ無事にキャッチできました。
あぁ~疲れた。 あのドでかいヤツは次回までおわずけにしといてやりました。
c0120834_12202667.jpg
1泊2日の釣りバカ変態達の釣りは大変楽しく面白かったです。
仲間との釣りはやっぱり楽しい!
240gffさん、いちさん、blueberryさん。 ありがとうございました。また行きましょう。
c0120834_12203021.jpg

[PR]
磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2016-06-15 23:35 | 趣味 | Comments(6)
Commented by いち at 2016-06-17 07:58 x
お疲れさまでした、小さい魚を捕って、大きく撮るのがうまいなぁと集合写真の前のやつを見ておもいましたよ、ほんとに!
Commented by h_p_tiare at 2016-06-17 11:12
> いちさん
ありきたりの接写してるだけですから…
この渓で小さくても他のところじゃいいサイズですからね~
でも、あの最後の淵にはマジでどデカいのがいます。
Commented by blueberry at 2016-06-17 13:17 x
今回は渋かったですね~^^;
細いラインに小さな毛バリ、苦労されていましたね。岐阜でもこんな日があると思い知らさました。でも青○渕でのヒットは会心の一発でしたね。
次回はバリバリに出る日に行きましょう^^
Commented by h_p_tiare at 2016-06-17 20:10
> blueberryさん
もうシブすぎですね。
まさかの極小フライを使うとは思ってもいませんでした。
また行きましょう!
Commented by 240gff at 2016-06-19 10:45
この日は午後からちょっとほんのちょっと活性が上がったみたいですね。上流側でもライズして獲れたから。
次回はもう少し溪の状態がいい時に行きたいですね。
また行きましょう。
Commented by h_p_tiare at 2016-06-19 15:43
> 240gffさん
あと2時間活性が上がるのはやければよかったんですがね。
自然相手はこれだから面白いんですね。
また行きましょう。
<< They married 2... イワナの楽園を探して 1日目 >>