気圧の谷でのキャンプは忙しい (2日目 上高地で「Can you speak English?」)
星空を確認して天気回復を期待しながら眠りについた昨夜でしたが、ポタポタという雨音で目が明いてしまいます。
まだ朝の4時…外が気になりますがひどい雨ではないので2度寝を試みます。zzz………
やっぱり眠れません(笑) 性格ですかね? 気になって気になって。。。
こんなときはトイレに行きたくなりませんか?しかたなくライト片手にトイレ^^;

うとうとしていると外が明るくなってきます。
雨は降ったり止んだり。今日の予定は上高地散策ですがせっかくですから晴れてほしいものです。
雨対策は今回はしっかりしてきているので問題はないのですが…
まずはカフェオレでも飲んでキャンプ場内でまったり♪
c0120834_09214284.jpg
朝食を軽くとりテント周辺を雨が降ってもいいようにコンパクトに片付けます。
支度を終えて出発したのは予定時刻30分遅れ。 まぁ範囲内でしょう♪
途中、カーナビがまたルートを途中で変更してしまい結局無視。ちょっとだけ不安になりながら車を走らせます。
向かうは上高地ですが車の乗り入れ規制があるので途中のあかんだな駐車場からバスに乗り換えです。
途中、平湯バスターミナルにでさらに乗客をのせて上高地エリアへ。

満員のバスは平湯で乗ってきた乗客の方は補助椅子に。 となりの補助椅子に入ってきたのはフランス人っぽい女性。
向かいの棚に傘をおこうとして棚の間から落としそうになってしまいます。
下に座っていた方(女性)に「sorry」と言うと座っていた方は「No problem」と、にこやかに答えていました。
かっこえぇ~~っ! 即座に答えれるっていいですね。
で、バスに揺られているとフランス人らしき女性がこちらを向いて「Can you speak english?」と問いかけてきました。
それを聞いていた嫁さんと一緒に「いやいやいやいや…」 って、ちゃうだろ~っ!(笑)
「No…sorry」 なんとか伝わったかな? (滝汗) こんな時にしっかり英会話の勉強をしておけばよかったとちょっぴり後悔します。
それでも地図を見ながらどの辺りを走っているのか説明してみました。伝わったと思うんですが…

我が家族一行は終点まで行かず大正池で降りて河童橋までトレッキング(散歩)です。
停留所からすぐ、大正池は広がっていました。 心配していた雨どころかかな~りいいお天気で暑いくらいです。
念のためにレインスーツを持ってはきましたが使わずに済みそうです。
c0120834_21301188.jpg
当然ながら水の色は超~~~!クリア! 緑は満載。 青い空。 白い雲。
まったりしたトレッキングは最高です。
c0120834_21322557.jpg
c0120834_21324153.jpg
c0120834_21324881.jpg
c0120834_21324524.jpg
c0120834_21325366.jpg
c0120834_21325824.jpg
c0120834_21330134.jpg

流れる梓川はとっても魅力。
ふと目を凝らすと大きなイワナがライズしてます。
残念ながら魚釣りはできませんがそんな光景が残されるのは素晴らしいですね。
河童橋までくるとさすがに観光客がたくさんいます。
昼食を適当なお店でとりしばし休憩です。
c0120834_21330412.jpg
帰りもバスに乗って駐車場までいきます。
ターミナルで発車時刻を確認しながらお土産の買い出し。
そんなときバスを待つ列お中に行きで少しお話ししたあのフランス人っぽい女性がいます。
覚えていてくれて笑顔を交わしてくれました。
もう少し英会話の勉強をしておけばよかったと”再び”後悔したのは間違いありません。。。(笑)

さて、楽しんだあとは夕食の食材の確保をしながらキャンプ場へ帰ります。
なぜかキャンプ場に戻ると雨が…汗;
せっかく飛騨にきたので飛騨牛で焼き肉。それにかぼちゃグラタン。さらにパン
かぼちゃグラタンができあがったあとはパン。ふっくらできあがりました。
c0120834_22135747.jpg
c0120834_22512651.jpg
ふと夜空を見上げるとそこには満天の星空が広がっています。地元ではなかなか見られない景色にしばし感動。
このまま最終日は晴天でいてほしいな。
気持ちよく温泉につかってちょっと遅めに就寝です。zzz…
つづく


[PR]
磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2014-08-22 23:01 | 思い出 | Comments(0)
<< 気圧の谷でのキャンプは忙しい ... 気圧の谷でのキャンプは忙しい ... >>