物作り
愛用してきた理容櫛。 髪の櫛どおりもよく、ある意味道具にこだわってきてしまった自分の手となり指となって活躍してくれている。
昨年、櫛の職人さんが体調を壊してもう櫛を作ることができなくなってしまったことを聞き、
あとは在庫があるのみとなっているらしいのだ。
まだまだ仕事をしていくうえで必要な道具だけに在庫のみとは残念である。
そう、手作りなのだ。
お気に入りの櫛もうっかり落として折ってしまうこともあり、実際買い替えたもことも何回か・・・
写真下の1本は親歯が折れてしまっている。 その上は同じもので現役。 この型の在庫はすでになく手元にある貴重な1本。

日本の物作りの一つだと思うのだが・・・
同じような形はできても使うとやっぱり違う。 そこがやっぱり日本の職人技なんだと思う。
子供たちが自分の後をついで理容師になるかはまだわからないが
、もし理容師になるときがきたらいい道具を伝えていきたいと思う。
c0120834_14282944.jpg

[PR]
磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2013-04-24 14:47 | 理容 | Comments(0)
<< 季節の花 2人一緒に誕生祝い >>