ロングノーズ
ふた月近く渓流釣りに行っていないと禁断症状が・・・^^;
朝晩、涼しさを感じる季節になり渓流シーズンも終わりに近づいていることに気がつきます。 今回を入れてあと2回いけるか???

釣り情報も自分の足でかせいだものが一番いいんですが釣行回数が少ないとなかなかそうもいきません。
過去の記憶をたどってみるとかもしますが・・・
今回は何年かぶりに地元天竜川の支流の奥地へと足を運んでみました。(支流っていっぱいあるんですけど 笑)
山道を走り、落石にビビリながらさらに林道へと車を進めます。 現地到着して川をみると・・・ありゃ、白く濁りが入っているじゃないですか。 しかも減水気味なんですが・・・???
最近は雨が降っていないと記憶しているのでちょっと原因がわかりません。
奥地でのトラブルは怖いので撤退! 山を2つほど越えて別の川へ移動・・・これまた林道へ突入~!落石多し!(汗;) 国有林手前のゲートへ到着したときはホッっとします。
c0120834_10432314.jpg
OptioW60

時間のわりには先行者もないようでいつもののんびり支度。 単独ということでショートプラン釣行、集中して楽しみます。
釣り始めてすぐに魚からの反応があります。ドラックがかかってしまったフライを追いかける姿も見られるとモチベーションも上がりますよね。 ただ、ちょっと減水していて浅い流れからは無反応でした。
ここぞと思うポイントを釣り上がっていきます。 気分転換してフライチェンジ。エルクヘアカディスから今季絶好調のブラウンパラシュートへ変更です。
水深もある絶好のポイントでそのフライは水中へと消えました。 久しぶりに心地よいロッドのテンションです。ローリングしながら抵抗をするその魚を必死になってネットに収めようとしている自分がここにいました。 必死なんですがそういう自分を想像してたら笑えてしまいました。 ネットに入れようとしてるはずなのに岸にあげてるんですから・・・(笑)
c0120834_1043475.jpg
OptioW60

”鼻曲がり”とはよく言うものですが伸びかけなのでしょうね、曲がっているようないないような・・・写真で見る以上に長く伸びたでした。
幅広のその個体は大きさ以上に楽しませてくれました。 計測26cm。 この細い川ですから満足の1匹ではないでしょうか。
c0120834_1044392.jpg
KissX

堰堤まで釣り上がり稚魚サイズは出ますがなかなかいいサイズが出ません。
時刻は11時半。この先へもいけるのですがお腹がすいてきたので退渓。
車まで戻りカップ麺を食べたら後半釣行への意欲もなくなりのんびり納竿です。^^;
奥地への釣行は危険をともないます。安易な気持ちでは決して行けませんね。 過去、同行者の車が同じ林道で行きと帰りにパンクした経験がありますので・・・(怖!)
c0120834_10442029.jpg
KissX
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
[PR]
磐田の床屋 理容室 【ヘアープロデュース ティアレ】 再現可能なヘアスタイル作りにこだわります
理髪店 散髪 シェービング エバメール
静岡県磐田市天竜1052-2 ℡ 0538-37-1778
OPEN am8:00 CLOSE pm7:00 定休日 毎週月曜日 第2月・火 第3日・月
by h_p_tiare | 2009-09-08 10:45 | 趣味 | Comments(4)
Commented by 240gff at 2009-09-08 11:38
傷一つ無いメタリックなボディもいいですね(^^)
細心の注意を配っても何が起こるかわからないから
単独釣行は無理は禁物ですね。
今回ボクは身の危険を感じる体験が出来ました(T0T)
Commented by h_p_tiare at 2009-09-08 12:21
240gffさん:この個体はパーマークも朱点も薄め。 水面でもがいている時はシルバーボディーに見えたほどです。
危険を感じる体験・経験って必要です。 活字の上ではわかっていてもイザとなると考えれない・動けない状態になってしまうでしょうから・・・
勇気って撤退するときに使うんじゃないかと思うこのごろです。
Commented by at 2009-09-08 23:54 x
ドモこんばんはデス。(^^ゞ
デジイチ持って入渓されたのですか?
超合金なアマゴさんも凄いケド、それも凄いデス。(^^ゞ
草はソコまでの勇気が持てませぬ。。r(^^;)ポリポリ
Commented by h_p_tiare at 2009-09-09 08:23
草さん:デジイチはほとんどの釣行で持って行ってますよ。
KissXですから上級機種よりはるかに軽いと思いますので。 とは言っても釣れない時は重くなります。(笑)
<< 多機能 渓流へ・・・ >>